世界で一番スゴイ奴

実は皆様にひとつ、謝らなければならないことがあります。




このブログは元より、僕のsurtサーバーで過ごす優雅で華麗なる生活をね、こう皆様に垣間見て頂くとともに、
このブログをお時間を空けて見て下さっている皆様のお役に少しでも役立つような情報を発信する場所だと思っております。
そう、ブログとはある種、
自身を閲覧者の皆様と共に見つめなおし、
自分という存在を理解して頂く場だと僕は考えます。


だから僕はありのままの自分をこのブログに書いていきました。
性格から、好みの女性のタイプ、はたまた夜のDEXの高さから、「断食してレアを手に入れるんだい!!」 という果て無き野望まで
僕はこの ナオブログ という場所で何一つ包み隠さず書いてきたつもりであります。もう丸裸のナオさん。もう丸裸のナオさんですよ。
完全にそこいらの二流の露出狂に引けをとっていない、引けをとってなんかいないぞ!!と強く自負している所存でございます。

そんな裏表の無い清らかな、いまだにサンタクロースと、ドラゴンボールが7つどっかの世界に落ちてるんだ!と信じてやまないそんな僕ですが、
実は、まだ僕は皆様にまだお伝えしていない 「秘密」 があるんです。

すいません。本当にすいません。「じゃあ、今までナオさんを信じてきた私は一体なんなの!?」 という
全国の12人のナオさんファンの女性の皆様にも大変申し訳なく思っております。

こうやって発表させて頂いたからには、どんな罵声も批判も受ける覚悟です。
数年という日、このROブログで書いてきた僕でも、まだ皆さんと僕の間には確実なる壁があったという事実・・・。
恐らくこの記事を読んでくださったナオブロガー(ナオブログを読んでくださっている方の呼称)も、怒りで打ち震えていることかと思いますが

ただ、これだけはわかってください。

僕も理由無く黙っていたわけではないということを。
皆様に隠し事をしている、とこう考えただけで、手は自分自身への怒りと悲しみで震え、
本当は涙を流し、唇を噛み締めながらブログを書いていた日々だったということを。


どうかわかってください。




人は誰しも本当の自分を隠したがるもの。そう、僕もその例に漏れることなくまだ皆様に見せていない顔があったのです。














・・・・・そう、実は僕は。







































f0120403_2028549.jpg

勇者だったのです。

(※画像はイメージ映像です。)



というわけで、すいません。僕は勇者でした。

もう勇者。すっごい勇者。こんなに勇者でほんと何かちょっと申し訳なっちゃうくらいなんですけどもね、まぁ、勇者なわけですよ。

毎朝母親が来て、「起きなさい・・・ナオ吉。今日は王様に挨拶しに行く日よ。」 とか言いにわざわざ実家から僕を起こしに来ますしね。

いっつも鞄の中に、光の剣とかはいってますからね。雨が降りそうだな?と思ったら折りたたみ式の光の剣もっていきますからね。

道とか歩いてても常にやっぱ気をつけてますよね。モンスターが襲ってこないか。
やっぱ僕みたいな勇者になるとね、いつどっからモンスターとエンカウントしてもおかしくないですから。
チャラララララ~ っていうね勇ましい効果音と一緒にモンスターが茂みから飛び出してきてもおかしくはないわけです。

やっぱり勇者なんで、悪とか嫌いなんですよね。
この前も電車の中で騒いでいた不良学生どもとかいたときね、やっぱこう自然とね、勇者なんでね、何とかしなきゃと思ってしまうんでしょうね。
その不良たちに向かって言ってやりましたからね。ギガデイン!!つってね。
まぁ、心の中でですけども。



そんなわけで、僕がどれくらい勇者なのか皆様にも鮮明に伝わったことかと思いますがなぜ、今までこう発表しなかったのかと申しますとやっぱり騒がれたくなかった。
皆様が僕のことを勇者だと知ってしまったら、きっと皆様は やっぱナオさんはワンランク上の人間なんやー! ってね
距離を置くに違いないと、そう危惧した結果がこういったことになってしまったんだと思っています。


その勇者である僕がね、どうして今になってはこう皆様の前で公表したかといいますとね。














f0120403_204941.jpg

ROにも魔王がいるって話じゃないっすか。

エンドレスタワーのこの時期に魔王モロクとか遅くない!?とかいうね、方もいらっしゃると思いますが
ちょっと落ち着いてください。ちょっと落ち着いてくださいッ!!!!


f0120403_2054112.jpg

聞くところによると魔王モロクはですね、今まで平和だったモロクの街をいきなり、ぐっわー壊していってね
すっごいROのプレイヤーの皆さんだとか、モロクに今までいたNPCの皆さんだとかにね迷惑をかけてたって話しじゃないっすか。
そんな話しを聞いたらもうひとつしかないじゃないっすか。僕が勇者でね、魔王がなんか出てきた~なんつったらね
考え付く結論はたったひとつしかないじゃないっすか。














魔王を倒しちゃうしかない。























というわけで、今回の伝説はこちら。

























~一週間で魔王をガーンと討伐伝説~














カミングスーン。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-03-31 20:28 | Surt黄金伝説
<< 一週間で魔王をガーンと討伐伝説... 桜、咲かない >>