一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~5日目・忘れられないベストフレンド~

「魔王モロクの出没MAPに看板を立てておけ!!」



「俺、出没注意と!!!」



どうもこんばんわ、世界を代表する勇者のナオ吉です。
もう代表も代表。日本代表の勇者にもこの前選ばれたくらいですからね。この前、僕のケータイ電話に知らない番号からかかってきてたから
折り返してみたんですね?誰かな~?と思ってね。ジーコでしたからね。
「次ノ日本代表ハ、ナオさんにオネガイシタイデ~ス。」 とか言ってきましたからね。まぁ、それはしょうがない。ほんとしょうがない。

ドラゴンクエストの勇者なんかもね、実はみんな僕の後輩ですからね。
多分、皆さん的にはあっちのエニックスのドラクエの主人公のほうが先だと思うでしょうけども、全然僕のが先輩ですからね。
ドラクエの歴代の主人公はみんな僕に敬語で喋ってますからね。
Ⅳの主人公とかよく僕の家に遊びにきますし、Ⅶの主人公とかいつもご飯おごってますし、終電がなくなったⅡの主人公のタクシー代も僕が出してますからね。

もうそれくらい元祖勇者な僕ですが、他のドラクエシリーズの勇者と決定的にひとつ違うところがありましてね。

魔王倒してない。

というわけで、ラグナロクの魔王を倒そうと向かったところ、どうも勝てない。魔王が超大人げない。シャレ全然通じない。空気読めてない。
という、まさに違った意味で世界を滅ぼそうとしてる奴をね、倒すためにね、先週とかに新しく実装されました
<アッシュ・バキューム> とかいう新MAPに行って、ステータス・装備ともに経験値を貯めてLvを上げようと目論んでいたんですが、
まさかのデスペナ7%でしたからね。
Lv97の上位2次職がまさかのマイナス7%ですからね。数字に直すと、12208350 の経験値がなくなりましたからね。
1220万ですからね。1220万。桃太郎電鉄以外ではあんま見ない数字ですけどね。



そんなわけで、前回のLvアップ大作戦は失敗に終わり、あと2日で魔王を倒さなければいけないということで僕は考えました。

すっごいすっごい考えました。7月20日は海の日という祝日で休みでしたけど、考えました。

時にはえっちな本やDVDを挟んで観ながら考えました。

後半はなんかむしろ観るほうに集中してしまい逆にそっちのほうがメインとなってましたけど、その合間に必死に考えました。



そして、他の世間一般で勇者と呼ばれている人と、僕の決定的な違いについて気づいたのです。




そう、それは・・・・・・・・



















f0120403_22371887.gif

心強い仲間たちの存在だったのです。 (画像はイメージです。)



そもそも人という存在は弱く儚い存在なのです。
特に僕のような、繊細で脆いガラスのハートのような理系の男子なんかが、魔界の王と書いて<魔王>とか呼ばれてる奴に、
独りで挑んでも敵うわけもなく、それは他の人にとっても同じなのです。

そう、いつだって最後にチカラになってくれるのは頼れる仲間達なのです!!!(どーん!)

1本の矢はすぐ折れても、3本の矢は折れにくい!!って僕のおじいちゃんも言ってましたし、
人という字は人と人が助け合い、寄り添っているから人なのだよ!!って僕の担任の先生も言ってました。


いやぁ、ははは。うっかりうっかり。
そもそもオンラインRPGにおいて、仲間の助けを借りないなんてナンセンスですよね?
プレイヤーとプレイヤーが協力してこその、オンラインの楽しみであり、醍醐味であるわけです!!いやぁ、ははは。

そうと決まれば早速、魔王討伐に協力してくれる心強い仲間たちを集めちゃうぞ!!集めちゃうぞ、この野郎!!つってね☆





・・・・・いやぁ、ほんとにね。あははは。





・・・・・・・・・・仲間集めちゃいましょうよ。・・・・・・・僕だけのベストフレンドって存在をね。





・・・・・・いやぁ、ほんとね。あはははは。


















・・・そんな友達いねぇや。


忘れてました。全然忘れてました。引きこもり界のブランニューリーダーと呼ばれる僕ですからね。いやぁ、全然。全然ですわぁ。
ここぞという時に集まってくれる友達なんかいません。僕のギルドも商店街のおもちゃ屋さんくらい人いない。

もう、逆に聞きたいくらいです。


友達ってなんですか?





これはウッカリしてましたね。





まぁ、言っても声をかけて集まってくれる昔の友人とかいるかもしれないですしね。wisすれば
「いつ誘ってくれるか、待ってたぞ!!」 みたいなね事を言ってくれる友人がいるかもしれないのです。

そこで、僕の昔の友人。真の友達 と書いて 真友 でもある、SurtのイケメンNo.1、アルダさんにwisをすることにしてみます。
まぁ、普段話したら、9割シモネタ という駄目人間ですが、僕は実は彼が熱い男ということを知っています。
僕が声をかければ、「おい、ナオ!!資金は50Mくらいで足りるかよ!?」 とかね、お財布からバーン出して僕に渡してくるに違いなのです。
僕の知ってるアルダさんはそんな太っ腹な男です。僕の知ってるアルダさんは真友のためなら自己破産をしようと厭わない。


そんな熱い男なのです!!!!




















f0120403_2315468.jpg

居ろよッッ!!!!!!
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-20 22:26 | Surt黄金伝説
<< 一週間で魔王をガーンと討伐伝説... 一週間で魔王をガーンと討伐伝説... >>