お笑い一本背負い

さて、ROM-1グランプリも残すところ一週間を余裕で切ってしまい、気づけば今週の土曜日には本番です。
ここまで来たら後は気持ちの勝負です。今まで練習してきたことを活かせるように当日精一杯がんば
何もしてません。

ネタのほうもつい先ほどようやくできあがり、今回の相方さんであるアルダさんに見せたのはついさっきの話。
練習はおろか打ち合わせすらできておりません。ひぃー、ヤバイヤバイ!!

まぁでもこういうのは、ネタが面白ければ意外となんとかなっちゃうもんで、むしろ練習して詰めることにより
逆に懲りすぎてつまらなくなってしまうってのはよくある話ですんで、ここは意外と軽い打ち合わせだけして本番に挑むっていうのも実はアリなんですよね!

しかも、今回のネタは僕が夏中ずっと考えていたこともあり、なかなかのものではないでしょうか!?
さぁこの夏、ハリウッドと僕が贈る最高のエンターテイメント・否!考えに考えたネタをあるださんのアドレスに早速送信です!


そして3分後に返ってきた返信は!!









「うん、50点。」
















お前が50点だよ、馬鹿野朗。
50点!!よりによって人が夏休みを潰して考えたネタが50点だと!!平均点もいってないとはどういうことじゃい!!
と言いつつ冷静にネタを見返してみるも、うん、まぁ50点かもね・・・・。

というわけで、来たる8月29日に50点の名のネタを引っさげて本番に挑んできます!失敗して帰ってきてもSurtの土、踏ませてくださいね!









f0120403_117224.jpg

f0120403_1173284.jpg

f0120403_1174653.jpg

各方面から応援いただいております!ありがとうございます!







凄いプレッシャーだよ、君達。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-08-24 01:19 | ある意味伝説企画
<< アルベルタの海に沈む かけがえのない、夏 >>