<クエスト7> どこかの誰かの未来を解決!(その3)

おいっす!久し振り!
はい、というわけでこんばんわ。ナオ吉です。もうマジでご無沙汰してます。僕の夜の生活くらいご無沙汰してます。

いやぁ、最近ね、ブログの更新頻度もさることながらROへの接続率も著しく悪い状態で、
ブログを楽しみにしてくださっている、ナオブロガー(ナオブログの閲覧者の名称)の皆さんにも本当に申し訳ない限りです。
まぁ、というのもですね、年末が近づいているにあたって仕事がね、うん、やっぱり仕事が忙しくてね
どうしてもRO関連はそっちのけになってしまうんですよね。

今日もね、仕事で体をひきずるように帰ってきましてね、シャワー浴びてね、着替えてね、ちょっと落ち着いてちょっと一息ですよ。ははは。














f0120403_20242831.jpg

オッサンか!!!
というわけで、まさかののどごし生ですよ。ソロのどごし生ですよ。いやぁ、寂しい。寂しいね、ナオさん!!
いやぁ、普段はね、独りでお酒飲むってことは滅多にしないんですよね。
お酒飲んで上がったテンションのぶつけ場所があわからないというか、誰かと飲む楽しいお酒が僕は好きなんでね
まぁ、こういったふうに独りで飲むってことはほとんどないんですけど。なんか、もう飲みたくなってね。
うん、まぁそういう日もあるよね。そういう日もあってもいいじゃない。独りでお酒たしなんだっていいじゃない。
ところで、のどごし生 って響きはちょっとエッチぃですよね。
うんまぁ全然関係ないですけどね。今ふと思いましてね。エッチぃなと、ふと思いましてね。のどごし。のどごしの生 て!!
あ、そういえば昔、女の子にですね、
「もし、飲みやすいものだったら
世界中のカップルが幸せになってるよね。」

とかね、ちょっとビッグサプライズ的なこと言われたのを思い出しました。まぁ、なんのことか僕はサッパリわからないですし、
何をどう飲みやすいのかとかも全然わからないですし、今後もちょっとわからなくてもいいものですし、
っていうか全然下ネタとかじゃないですし、僕とかサンタさんあたりがいまだにトナカイに乗ってやってくるって信じてるくらい純粋ですし。





まぁ、そんなわけであの続きをちゃっちゃかやりましょか。ちゃっちゃか、ちゃっちゃか。



というわけで前回の続きはコチラから!!
<クエスト7> どこかの誰かの未来を解決!(その1)
<クエスト7> どこかの誰かの未来を解決!(その2)

ほぼね、こちら1ヶ月ぶりの更新となりますんで、忘れちゃったぞ!!ナオ吉!!!という方は上をご参照ください。
まぁ、前回までの内容としましてはナウシカとためをはるんじゃねぇかってぐらいの優しさをもつこの僕がですね、
まぁ、surtで困っている庶民たちにですね、この持て余す愛とか優しさとか慈悲だとかね、そういう類のものをサプライズしてあげよう!
とね、まぁこんな内容でしたね。僕の優しさもね、とどまることを知らないわけですからね。
もうその気になれば怒り狂ったオームの群れとか多分止められるんじゃねぇかってくらいの勢いですからね。
そのあたりはホント、ナウシカとひけをとらないといいますか、むしろ僕のほうが僅差で勝ってるんじゃないかっていうか。
オームの群れとか携帯電話あたりでも使って止めてみせますけどもね。
なんか面白画像あたりでも見せてやれば、オームの群れとか素で止まりそうですよね。うん、いけるいける。これいけるわ。






f0120403_20455212.jpg

はい、というわけで今日も困ってる人がいっぱいいますね。わんさか買取チャット出してますね。
いやぁ、僕はねこういった人達を見るとね、全然放っておけないタイプなんですよね。(何か僕にできることはないかな!!!)
とね、一生懸命考えてしまうタイプなんですよね。ついつい考えてしまうんですよね。
何故なら優しいから!!
うん、もうポッケいっぱいに優しさはみでてますから。僕のポケットの中身は優しさのラッシュアワーですから。



まぁそんなこんなで、あんまり引っ張ってももう面白いこととか言えないんで、さっさか決めてしまいましょう。
もうフィーリングかなんだかで決めてしまいましょう!!!
f0120403_20503779.jpg

この方!このアルケミさんのバフォメットジュニアc!!
この可愛らしいアルケミストさんが欲しがっているであろうバフォメットジュニアcですか?
これをですね、まぁ颯爽と取ってきましてね、アルケミさんに僕のはちきれんばかりの優しさと共にプレゼントしたいと思います。



俺のジュニアもひと暴れしちゃうぜ?
ってなわけで、次回に続く。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-11-21 20:33 | 解決!DADADA団
<< <クエスト7> ど... あの蝶を捕まえて >>