カテゴリ:ある意味伝説企画( 16 )

埋もれさせて、夏

ちょっといいでしょうか?

僕ってほら、ブログを見てくださってる皆さんならお気づきだとは思いますが、すっごい真面目な子じゃないっすか。

もうほんと真面目。めちゃめちゃ真面目。両親からも 蝶よ花よ と大切に育てられ、庭に薔薇とか全然育ててましたし、
趣味とかは全然乗馬でした。もう馬(ステファン)に乗るのが当たり前だったみたいな?生活の一部が馬(ステファン)でしたし
おしっことかもめちゃめちゃ馬(ステファン)の上でしてましたしね。おしっこステファンでしたね。略して、おしファンでしたね。

学校行くときとかも馬(ステファン)に乗って通学なんか当たり前、体育の授業でバスケットボールだったときなんか
馬(ステファン)の上でドリブルしてた。

勿論、給食も馬(ステファン)の上で普通に食べてて、むしろ給食、馬(ステファン)に食われてね?って感じでしたからね。

まぁ、そんなわけで絵に描いたような優等生でした。
優等生を超えた優等生を超えた優等生ですから。同級生とか先生とかにスーパー優等生3って呼ばれてましたからね。

「なぁ、ちょっと数学のノート見せてくれない?スーパー優等生3。」 とかね。

「おい、スーパー優等生3。このプリント、田中の家まで届けてくれ~」 とかね。

「スーパー優等生3くんって彼女とかいるんですか?どんな女の子が好みなんですか?私ってどうですか?」

みたいなね、女子とかにもぐいぐい来られてた。もうぐいぐい、ぐいぐい。ぐいぐいぐいぐいぐいぐい来られてた。
まぁ、いつの時代もね、結局はワイルドなヤンキーとか、クラスを沸かせてた面白い奴なんかより全然モテてたみたいな?
もう真面目な奴がやっぱり男としてのフェロモンも真面目なんだな、ってずっと思ってましたね。やっぱり終始ぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐい来られてた。

休日はいつも週刊文春読んでますしね。週刊文春広辞苑みたいなところありますよね、真面目な奴は。

え?漫画本とか?ゲームとかですか・・・?

ごめんないさい。僕ゲームとかやったことないんです・・・。
ゲームってちょっともう意味がわかんない。このみんなが一生懸命本気で人生過ごしている時にゲームって。ゲームって!!!!
ちょっと僕は全然わからないんですけど・・・ゲーム感覚で人生過ごすとかそういったことできないです。逆にできなくてごめんなさい的なね?

だから、そういう娯楽的なものっていうんですか?一切持ってないっていうか
そんなことより、今の日本が抱えてる経済問題とか、政治だとかね。やっぱり常にそういうことばっか考えてますしね。

え?あだると?


新しい元素記号ですか?




そんな真面目な性格と人間性を売りにしてる僕ですからね。


















もうお笑いとか、全然ね。






















f0120403_495943.jpg


興味な!?






















夏の終わりにリディアワールドでRO漫才イベントを開催!
相方と共に技を磨け! 限られた時間に目一杯のネタを詰め込め! 
そして、視聴者の笑いを取れ!!お茶の間を支配するのはキミたちだ!!
 
(記事より抜粋)




真面目なぼ!?


























・・・いやぁ、お笑いなんてホントくだらな参加します。



<詳細はこちらで>
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-08-09 03:59 | ある意味伝説企画

上から読んでも下から読んでも奇跡

漫談(まんだん)とは、大辻司郎が命名したとされる、大正ごろに創設された演芸である。
元来は音声付き映画(トーキー)が主流となったため失業した無声映画の弁士が、
巧みな話術を生かして寄席の高座等に出演したのを発端とする。
(漫談~Wikipediaより~)


・・・あっ、うん、巧み巧み。めちゃめちゃ巧みだったよね。こんなに巧みでごめんなさいってくらい巧みだったよね。
もうね、完全に加藤鷹を陵駕する程の巧みさ加減だったと思いますね。
2代目加藤さんはお前だ!って業者の方々が、ウッワー集まってきて胴上げするくらいの巧みっぷりでしたよね!




んまぁ、そんなわけでね。企画名を聞けば 「一体どこの病院に通っていたんですか?」 とやんわり聞かれそうな程クレイジー代表を立派に務める
この~観客100人集まらなかったら即引退あるべ漫談~ も観客総数、多分110人という形で無事終了いたしました。

いやぁ、正直こんな集まるなんて思ってませんでしたよ。もうね、正直引退を覚悟してたといいますか
もうね、清水寺の崖の柵での上で1人でミニモニじゃんけんぴょん
フルテンションで踊ってるくらいの崖っぷち具合でしたからね。
まぁ、人間としては完全に崖から落ちてますけどね。

それもこれもあれもそれも、ひとえに、大一番がかかってプレッシャーを感じていた僕を励ましてくださったり、
また僕の引退をなんとかしようと奮闘し、そして成功に向けて協力してくれた皆様のおかげでございます!!
本当に感謝してもしきれません!!

ありがとう!!本当にありがとうみんなッ!!










f0120403_13471142.jpg

うん!やっぱゴメン!!
死んでくんないかな!!!?


あるべ漫談レポーツ
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-10-05 20:34 | ある意味伝説企画

ある意味ゴール

f0120403_0134670.jpg

あるべ漫談観客数・約110人!!

お忙しいなか来てくださった皆様、都合がつかなくてもキャラだけ残してくれた皆様、宣伝活動をしてくれた皆様、
コントに付き合ってくださった結さまと、ぽん酢さま。

皆様、本当に本当にありがとうございました!!

~観客100人集まらなかったら即引退漫談~

伝説達成!!!




正直本当に100人以上集まるとは思わなかったので、僕自身が一番ビックリしております。
PC落ちるわ、ミスやグダグダとした展開あるわでお世辞にも良い出来とはいえませんでしたが最後までお付きあいしてくださり
本当にありがとうございました。これも全て僕を支えてくださった皆様のおかげでございます。

これからもRO、ナオブログと共に頑張っていきますので、変わらぬお付き合いの程よろしくお願い致します。


以上、簡潔ではありますが、あるべ漫談。結果報告でした。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-09-27 00:13 | ある意味伝説企画

やまない雨はない

f0120403_3174760.jpg

煮ないであげて!?

はい、というわけでね、
本日26日(金)22時より観客100人集まらなかったら即引退漫談でございます。
まぁ、なんかあんま引退引退言われてるものですけども、僕の引退式云々ではなく、あるべ漫談としてお越し頂けれ嬉しいです。
僕の引退とか、うん、どうでもいいじゃない。地元のソフトボールクラブのおじさんが階段で足ひねったときくらいのどうでもよさじゃない。

まぁ、それはひとつ置いておきまして
僕の独り漫談と、結さまのコントを合わせて1時間くらいですけども、来て頂ける方に楽しんでいただけるよう
また、宣伝など協力してくれている皆様に恥じないよう頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。



コントの相方を務めてくださる、結さまも尋常でないほどのやる気をみせております!!












f0120403_3232756.jpg

新装備の過剰精錬にッ!!
ははは、もうどうでもよくなってきたぜ、このやろう。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-09-26 03:26 | ある意味伝説企画

大人になれ

パンがなければ
お豆を食べればいいじゃない!!

高タンパクで低コレステロールのうえに
必須アミノ酸をバランス良く含んでいるから非常に体に良い感じじゃない!


はい、というわけで、夏の皆さんの体調を、皆さんの両親より一歩先の心配をしてやまないナオ吉です。はい、こんばんわ~。
いやぁ~、なんていうんですかね、まぁね、前回の記事では出来心と言いますか若き日の過ちと言いましょうか
僕のメンタル的な部分のね、「飛び出せ!青春!」 みたいなところが、ちょっと尋常じゃない程、飛び出しちゃいましてね

100人、観客が集まらなかったら、アタイROを引退するのら!!

と、非常に高難易度の、のらくろ的な神様からの啓示を受けましてね、
僕を含めて何一つメリットを持ちあわせ無いという、アバンギャルド過ぎる挑戦をしてみようと思い立ったわけですがね。

まぁ、なんでか熟考してみてもサッパリわからないんですけども、皆さん僕が引退式をするみたいな空気になっちゃったりなんかしてますけど
もう~、なんていうんですかぁ、皆さん、非常にね、あわてんぼうさんだな★とか思っちゃいましたからね。
100人お客さんに来て頂ければ微塵も問題ないわけですから(笑)

100人ですよ!?100人!?日本の全人口は何人いると思っていらっしゃるんですか!あーっはっはっは!片腹痛い!
なんだか、ものすごい片腹痛い!あれ、これもしかしたら病院いったほうがいいんじゃないかな?っていうくらい痛い!
いやぁ、でも100人集まっったら引退するってことは、100人集まってしまえば引退なんて全然ないってことですからね!
もうほんとに心配性な皆様なんですからぁ~・・・・

恐れ多くも僕がマスターを務めさせて頂いているギルドのDADADA団なんて、
僕の装備品の行方を誰がどう分配するか話し合ってますからね(笑)

殴りアコプリ祭りの取締役の結さまにいたっては、
「私は中型、大型特化とイミュン肩でいいよ~。」
って、既に予約開始しちゃってますから★ 






開始しちゃってんじゃねぇ!!!
予約特典とか贅沢についてこないから!!ついてくるの僕の涙だけだから!!ってなもんですけどもね。

続きは地デジで。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-08-11 22:58 | ある意味伝説企画

夢や目標に向かって走り出すその背中が一番美しいから

突然ですが、皆さんは
夢だとか、目標だとかお持ちでしょうか!!

へぇ~、ふんふん。あぁ~、なるほどなるほど。実に素敵な夢をお持ちですねっ!死ね!

まぁ、若干悪ふざけが過ぎましたが、まぁ、ナオさん何が言いたいかと申しますと
夢だなんだ、目標だなんだっていうのはですね、持ってる人は凄く輝いてはる!!と思うんですね。

いやぁ、というのも僕もねぇ、小学校の頃はそれは夢だなんだって友達とはしゃいで過ごしてきましたからね。
あのときの僕の夢のスケールのデカさに比べたら、ワンピースの主人公ですら
「海賊王になりたいなんてチョづいてすいませんでした。」 とね、額を大地にこすりつけて謝罪してくる事でしょう。
あのときの僕もやっぱり若かったからですねぇ・・・。未来はいつでも輝いていてなんにでもなれると思っていましたからねぇ・・・。









うん、忍者とかね・・・。
忍者・・・うん、小学級児の夢が忍者。俺は将来、忍者になってやるんだい!!って野山駆け回ってましたからねぇ、あはは。




親は何やってたの!ホントに!!
一体どういう教育を施したら、可愛い息子が忍者になりたいだなんだ言い出すんでしょうかね!
何故あのときの両親はもっと、全身全霊を賭けて息子の夢を軌道修正してあげなかったのか、最高峰に疑問に残りますが、
忍者・・・・忍者って・・・・アンタ・・・。この平成の世に忍者て・・・。あの頃の僕はどんな未来予想図を描いていたんでしょうね・・・。
そして、何処に履歴書を出しに行くつもりだったんでしょうか・・・。

まぁ、子供の頃の忌まわしい記憶は置いておきまして、確かにあの頃の忍者になりたかった僕は輝いてましたよ。
めちゃめちゃ輝いてたと思いますね。忍者オーラ、めちゃめちゃ出てたと思いますね。

それに比べて、今の僕はどうですか。

リアルはともかく、ROの世界では殴りハイプリーストもLv90を超え、特に目的も目標もなく、只ダラダラと過ごす毎日。
たかがRO。されどRO。この中には僕が培ってきた2年以上の歳月があるわけでして
確実に僕のもうひとつの世界が、このラグナロクオンラインというゲームにあるといっていいでしょう。
その中でやれオーラロードだ、やれ転生だと頑張るわけでもなく、ダラダラと狩りをする日々。果たしてこれでよいのだろうか。

いや、あかん。あかんねん!!
夢も目標も無い今の自分はあの頃、忍者になりたがっていた自分にさえ負けています!
輝きたいねん!あの頃のように輝きたいねん!輝きをむっちゃ放ちたいねん!!

あの頃の忍者に今、なりたいねん!!

というわけでして、小学生の自分が今の自分を見て落胆せぬよう、僕は忍者になるために。輝きを取り戻すために。
久し振りにあの企画をしちゃいましょうかと思います。

そして伝説がはじまる (最後らへんにナオさんから重大なお知らせがあります)
[PR]
by naoto-mujyaki | 2008-08-08 00:13 | ある意味伝説企画