<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~最終日・グッバイ、人類~ (後編)

「おい、魔王!どうせ俺に狩られて倒されるんだ。」


「初めからアイテムを落としてろ!」




<前回のあらすじ>

「俺が魔王という存在をミュージックにする、それまではみんなとはお別れさ・・・。」
と、25000人のファンと、20年間片時も離さなかったギターと、女と寝たあとには欠かせないマイルドセブンライトと、あと何か凄いバイクを置いて武道館を去った、
ミリオンセラーの怪物という異名をソニーミュージックで響かせたナオ吉は勇者として、
そして何よりも、ひとりの男としてミッドガルズを救うべく魔王モロクを倒すべく旅に出たのであった。



<勇者とその仲間達の紹介>



f0120403_2364156.jpg

ナオ吉 (ハイプリースト)
自他共に認めるカリスマ勇者として東京タワー近辺を沸かせ続けた青年。
幼い頃からスポーツ万能、成績優秀、歩く姿は百合の花、と言われ続け、毎朝下駄箱にはラブレターがぎっしり詰まっていたため
放課後の学級会で、 「ナオ吉くんの下駄箱に最近、手紙がいっぱい入れられてるそうです。みなさん、気をつけましょう。」
と、やたら恥ずかしい内容が挙がってしまったのも伝説として地元では語り草になっている。
他、最近ではその勇者としてのオーラに磨きがかかり、仕事が休みの日を利用して近くの公園にハーモニカを吹いていると
どこからともなく現れた水着ギャル20人に囲まれているという。
他、ファーストキスが18歳だったという衝撃的な過去を持つ。




f0120403_23182028.jpg

ひな子 (チェイサー)
モンスターからアイテムをスナッチャーする確立より、Surtの男性陣のハートをスナッチャーするほうが高い、Surtが誇るおとぼけアイドル。
最近は釣りにハマっているらしく、異世界に行っては釣りばかりしているようである。今回の魔王討伐参加も釣りの合間に片手間で駆けつけて来れたらしい。ははは。

・・・えっと、森へお帰りなさい?(優しく微笑みながら)




f0120403_23285652.jpg

九月さん (クルセイダー)
インすること自体稀であり、RO内で見かける確立は夜ベランダに出たら、宇宙人がUFOの中でWiiをやっているのを見るくら低い。
唯一の前衛といってもいいが、強敵に挑むたびにグランドクロスをして死んでおり、後半にはその死に芸が確立させていた。

・・・えっと、誰ですか?この子連れてきたの。




f0120403_23342384.jpg

Bさん (ハイプリースト)
最初はスーパーノービスで現れるが、キャラチェンジしてみたらオーラ満々だったハイプリーストさん。
オーラということもあり、その実力にはみんなが頼っており仲間たちに支援なども的確にし、PTの仕事をしてくれていたが
僕がモロクの現身(人型)にムシャムシャされていたときは、じっと動かず座っているという なかなかの凶悪なアクティブスキルを発動させてくれていた方。

仕事はどうした。




f0120403_2339274.jpg

黒さん (ハイプリースト)
僕がこのような下らないイベントなどをしているときに、必ずといっていいほど現れ、影で応援してくださるとても心の優しい方。
きっと僕のことが好きなんだろうな・・・うんうん!(乙女的な意味で) と密かに期待していたが
僕がモロクの現身(人型)にムシャムシャされていたときは、まさかの棒立ち。僕のHPが赤信号寸前のときに 「あ・・・死ぬ・・・」 と呟き
僕が死んでいく様を堪能していたのを見たときに 夢から覚めました。




f0120403_23434755.jpg

ろぜこ (ダンサー)
三度の飯よりお酒が好きという酒豪。その業界では 酒天童子 という名で恐れられている。
ROで会うと9割8分の確立で飲んでいるため、常に千鳥足。男性陣にとっては露出も多い職業のダンサーなのに、

どうしてだろう。素直に喜べない。




f0120403_2349293.jpg

結さん (ハイプリースト)
知る人ぞ知る殴りアコプリ祭りのドン。僕はこの方のドSの餌食にいつもなっており 「遺書の準備はできたか?」 などなど
ごく一般的な日常生活をしてたら到底聞けないような言葉を浴びせられることもあり、きっとプロでお金をもらって生活してるSの方よりもSなんじゃないかと考えている。
モロクの街を滅ぼした魔王モロクより、この人こそが

僕のいたいけなハートを滅ぼしてくる。

~最終日・グッバイ、人類~ (後編)
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-29 23:54 | Surt黄金伝説

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~最終日・グッバイ、人類~ (前編)

「魔王は俺の前では炎など吐かない。」


「吐くのは弱音だけだッ!!」


どうも、<全国100人の魔王に聞きました!アナタが倒されたい勇者は?> というアンケートに3年連続で1位に輝いている、勇者・ナオ吉です。

さて、とうとう今回の記事で 一週間で魔王をガーンと討伐伝説 は、いよいよ最終日となります!!わーいやったーやったー!!
いや、長かったですね。ほんと長かったです。
このブログをみて下さっている皆さんも思っていたでしょうし、書いている僕自身も思ってましたけどね。全然思ってましたけどね。

全然、一週間過ぎてる。
むっちゃ過ぎてる。そもそもこの伝説が始まったのが3月31日であり、今回まで約4ヶ月という日にちが経ってしまい季節いっこ、またいどります。
桜、散りまくり。



しかし、そんな春から夏にかけて続いた、この長かった伝説もいよいよ終止符を打つのです。



以前、ナオさんが魔王に挑んだときは ちょっとした体調不良に惜しくも僅差で、紙一重に敗北を喫してしまい、
魔王に再度挑むことになった決戦前日。

僕は試合前のプロボクサーよろしく、火照ったこの熱い気持ちを落ち着かせるために、薄暗い部屋にひとりパソコンをつけては、心を落ち着かせ
コンディションを整え、万全の状態のモチベーションを作っていたわけですが、流石の僕も緊張が無いわけではありません。


本当は勇者だって魔王に挑むのは怖いんです。


世界を滅ぼしかねない、そういった脅威と戦わなければいけない状況で、自分の命がかかっているとあらば怖くないわけがありません。
ましてや、奴はモロクの街を滅ぼしてしまうほどの圧倒的な強さであり、挨拶してる最中、両腕をガーン振りおろしてくる残忍さを持ち、
肩筋もすっごいのです。バランスおかしくね!?ってくらいすっごいのです。


そんな緊張状態な僕を励ましてくれるのは、そう、いつだって頼れる仲間達なのです。

魔王モロクとの決戦前日。
僕がログインするなり、頼れる友人達からwisがあったのです。恐らく僕のブログを見るなり、その熱い正義の心が震え僕に声をかけてきたのでしょう。
いずれも最近会うことや、話すことも少なくなってきた友人たちですが、例え時間が過ぎ去ってしまっても、その絆は決して途絶えることがないのです。
いやぁ、ほんと友達って素晴らしいね!うんうん!!!












f0120403_22203991.jpg

f0120403_22202183.jpg

f0120403_2220564.jpg

帰れ。

~最終日・グッバイ、人類~ (前編)
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-27 22:21 | Surt黄金伝説

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~6日目・集まれ!エアー仲間達!~

「俺は次元の狭間に狩りに行くんじゃない。」

「死にに行くんだッ!!!!」

どうも、巷で話題沸騰中の勇者・ナオ吉です。
さて前回、魔王を倒すべく仲間を集めよう!!と思い立った勇者の僕ですが、
よく考えてみたら勇気はあるけど人望はないで有名な僕が呼べる仲間などいなく、
無い頭を使って悩ませていたわけですが、僕の真の友達と書いて真友と読む、Surtの頼れる兄貴分、アルダさんにwisするも不在。

その後、友人からwisがあり、「アルダくんは一週間くらい仕事でインできないみたいだよ~。」と、どうやらまんまと逃げられてしまったようですね。あははは。


む、む、む、無能め!!
仕事!!仕事て!!どの口がそんな事を抜かすんでしょう。
お前の仕事はROをする事だろうがッ!!! (←駄目人間)

なんですか。僕の魔王退治より、仕事なんかのほうが大事だというんでしょうか?
ワタシと仕事、どっちが大切なの!? (←駄目人間)

とても残念です。真友であるアルダさんなら、いくら仕事が忙しくても 「その日は魔王を倒しに行かないといけないので休みます。」 くらい上司に言えるはずなんです!!
それが勇者であり、仲間であり、真友なのです!!!!

まぁ、僕が会社の上司なら即、クビにしますけども。


残念です。非常に残念です。
「ブラジャーを片手で外せない男は、ぴよぴよのヒヨコちゃんだ!!」
と、2009年に早くも名言を残したアルダさんなみに残念です。流石、Surtの下の中を代表するイケメンのアルダさんです。
ちなみに僕は右手をフリーにさせ左手は抱きしめるように背中にまわし、親指とひとさし指と中指の3本で外すというよりはスライドさまぁ、それはおいといて。


話しは大事故並みにコースアウトしてしまいましたが、魔王モロクを倒すべく仲間を集めなければいけません。
引きこもり代表の勇者である僕ですが、全くROの世界でも人と認識がないわけではありません。昔、遊んだことのある友人や知人だって当然いるのです。
そんな薄れていった記憶を頼りに片っ端からwisすることにより、何人かに声をかけてみれば 「魔王退治!?俺に任せろよ!!」
と意気込み、駆けつけてくれる極上の戦士達がもしかしたら何人かつかまるかもしれません!!

早速、僕のネットワークを利用し、心強い仲間達に声をかけてみましょう!!!







f0120403_22571630.jpg


f0120403_22572771.jpg


f0120403_22573779.jpg


f0120403_22574751.jpg


f0120403_22575618.jpg



どうやら僕に友人は存在しないようです。

(※上記のssはフィクションです。登場する人物は全て架空のものであり、あれ?なんか名前似てない?とか全然無いです。いやもうホント全然です。)

~6日目・集まれ!エアー仲間達!~
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-23 22:01 | Surt黄金伝説

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~5日目・忘れられないベストフレンド~

「魔王モロクの出没MAPに看板を立てておけ!!」



「俺、出没注意と!!!」



どうもこんばんわ、世界を代表する勇者のナオ吉です。
もう代表も代表。日本代表の勇者にもこの前選ばれたくらいですからね。この前、僕のケータイ電話に知らない番号からかかってきてたから
折り返してみたんですね?誰かな~?と思ってね。ジーコでしたからね。
「次ノ日本代表ハ、ナオさんにオネガイシタイデ~ス。」 とか言ってきましたからね。まぁ、それはしょうがない。ほんとしょうがない。

ドラゴンクエストの勇者なんかもね、実はみんな僕の後輩ですからね。
多分、皆さん的にはあっちのエニックスのドラクエの主人公のほうが先だと思うでしょうけども、全然僕のが先輩ですからね。
ドラクエの歴代の主人公はみんな僕に敬語で喋ってますからね。
Ⅳの主人公とかよく僕の家に遊びにきますし、Ⅶの主人公とかいつもご飯おごってますし、終電がなくなったⅡの主人公のタクシー代も僕が出してますからね。

もうそれくらい元祖勇者な僕ですが、他のドラクエシリーズの勇者と決定的にひとつ違うところがありましてね。

魔王倒してない。

というわけで、ラグナロクの魔王を倒そうと向かったところ、どうも勝てない。魔王が超大人げない。シャレ全然通じない。空気読めてない。
という、まさに違った意味で世界を滅ぼそうとしてる奴をね、倒すためにね、先週とかに新しく実装されました
<アッシュ・バキューム> とかいう新MAPに行って、ステータス・装備ともに経験値を貯めてLvを上げようと目論んでいたんですが、
まさかのデスペナ7%でしたからね。
Lv97の上位2次職がまさかのマイナス7%ですからね。数字に直すと、12208350 の経験値がなくなりましたからね。
1220万ですからね。1220万。桃太郎電鉄以外ではあんま見ない数字ですけどね。



そんなわけで、前回のLvアップ大作戦は失敗に終わり、あと2日で魔王を倒さなければいけないということで僕は考えました。

すっごいすっごい考えました。7月20日は海の日という祝日で休みでしたけど、考えました。

時にはえっちな本やDVDを挟んで観ながら考えました。

後半はなんかむしろ観るほうに集中してしまい逆にそっちのほうがメインとなってましたけど、その合間に必死に考えました。



そして、他の世間一般で勇者と呼ばれている人と、僕の決定的な違いについて気づいたのです。




そう、それは・・・・・・・・



















f0120403_22371887.gif

心強い仲間たちの存在だったのです。 (画像はイメージです。)

~5日目・忘れられないベストフレンド~
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-20 22:26 | Surt黄金伝説

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~4日目・ニューヨークからやってきた象さん~

さて、前回の更新より

「魔王を倒したかったら筋トレすればいいじゃない!」

という現代のイタコ界で常にトップを走り続ける、イタコ・オブ・ザ・ブランニューリーダーの名を欲しいままにしている僕は魔裟斗のようなボディになるために
早速、近所のドンキホーテで3kgのダンベルと、近所のツタヤの本屋で「体脂肪が落ちるトレーニング」の本の購入に無事成功したわけですが、
前回の記事の更新ボタンを押して2秒。
それは大きな間違いだと気付いたのです。



リアルでいくら身体を鍛えようとも、ROのキャラが僕と一緒にムキムキになるわけでも、魔裟斗になるわけでもないのです。

そう、そして何よりも。





僕が体を動かすことが嫌いだという事を。

「尊敬する人物は、のびたくんです!!」 と胸を反り気味にして言える現代の引きこもり界で常にトップを走り続ける、
ヒッキー・オブ・ザ・ブランニューリーダーの名を欲しいままにしている僕は、とにかく体を動かすことや人と触れ合う事を嫌い、
休日の移動は自宅とコンビニの往復だけ!というモットーを、どのアスリートよりも強い決意と覚悟で挑んでいるのです。
その日に喋るのはコンビニの店員だけであり、その店員と話すだけでもピアノコンクール本番直前の少女より緊張し、
コンビニの店員の 「お弁当にわり箸はつけますか?」 という返答にも9割5分、噛みます。

そんな僕が体を鍛えるなんていうのは、のびたくんがしずかちゃんのお風呂を覗いたときにまさかのノーリアクションというくらいあり得ないわけです。


※追記※ 上記の文章はネタでありフィクションです。
実際の著者は休日には海へ行き金髪アメリカギャルのサンオイルを塗ったり、
仲間内で山にキャンプに行ってはチーズフォンデュを食べながらフォークギターを弾き満天に輝く星空を見上げレミオロメンのメドレーを口ずさんだりする、
そんな心優しい青年ですので勘違いなさらぬようお願いいたします。










※追記2※ 上記の追記の文章はネタでありフィクションです。
実際の著者は休日に海へ女の子と行っては 
「こうやって見比べてみて思うんだけどさ。」 「うん?」 「やっぱりお前の胸ってボリューム不足だよな。」(真剣) と言ってわりかし本気で殴られたり、
仲間内でキャンプに行ってはコーラの缶の中にスズメバチが入っていったのを見ては、すぐさまで石で蓋をし缶ごと焼いてみたり
そんな愉快なオッサンですので勘違いなさらぬようお願いいたします。









※追記3※ もういっそ全部フィクションということで。


~4日目・ニューヨークからやってきた象さん~
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-15 22:00 | Surt黄金伝説

一週間で魔王をガーンと討伐伝説 ~3日目・俺が噂のブザー・ビート~

はい、どうも皆さん、こんばんわ。
勇者です。

いやぁ、ははは。どうも皆さん。そうです、僕があの勇者なんですよ。
いやぁ、もうほんとね、あははは、照れちゃうなぁ。そんなガン見しないで下さいよぉ。あははは。
いや、逆に勇者でごめんなさい的なね?勇気ありすぎちゃう者でごめんなさい的なね?
先週、無事にドラゴンクエスト9が発売されたにも関わらず、ニンテンドウDSとか持ってなくてごめんなさい的なね?
勇者でも別にニンテンドウDSとか持ってねぇから!!魔王を倒す冒険の合間にタッチペンでポチポチやったりとかしないから!!的なね?

というわけで、「ドラゴンクエスト9も発売されてるのに、ナオさんはまだ魔王とか倒せないんですか?」 (苦笑) という声をよく聞かされ
まさか僕もドラクエ9の反響がこんなところまで影響させられるとは夢にも思ってなかったんですけど、
以前の 一週間で魔王をガーンと討伐伝説 から、101日経ってしまった という若干ファンタスティック過ぎる事実に、
今回の伝説のタイトルを 1週間と101日で魔王をガーンと討伐伝説  を変えなければいけないかと考えたのですが、
まぁ、そこはね、僕もただ遊んでいたわけじゃないんでね。理解してほしいところと申しましょうか、
僕も腐っても社会人なわけですから。腐って、さきっぽドッロドロになってますけども社会人なわけですから。
社会というレールから、下半身が半分はみ出てるいるけども社会人なわけですから。
そこらへんは大人の事情ということでご勘弁して頂けると嬉しい限りでございます。

前回のあらすじはコチラから。 (エピローグ) (1日目) (2日目)

~3日目・俺が噂のブザー・ビート~
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-13 21:36 | Surt黄金伝説

さらば、俺たちの夏

「教えて、ナオ吉!!」 「地デジにするなら?」


f0120403_23451530.jpg

「フレッツ・テレビ。」

はい、というわけでどうもナオ吉です。フレッツ・テレビには一切加入してないナオ吉です。ノン・フレッツ・テレビのナオ吉です。
フレッツテレビなんてねぇ、イチローのバットでガッシャーンいったったらいいんですよーっ!!
で、お馴染みのナオ吉です。

そんなわけで皆様、お久し振りでございます。お元気にしてましたか?・・・え、僕ですか?いや、勿論元気ですよぉ。そりゃあもう元気元気。
夜の僕のバットは特に元気です。逆に、ホームラン王です。
・・・・いやぁ、もうほんと前回に引き続き久し振りの更新が ど下ネタ で申し訳ない限りでございますが。

3ヶ月間ですかね、更新があいてしまいまして、まぁ、その間に仕事も忙しくなり、会社に泊まったりなんてのもザラでしたし、
家の回線工事なんかをしていまして1ヶ月ネット回線すら繋がってない状態なんかも続きまして、もうROとはすっかりご無沙汰の状態でして。
最近はすっかり落ち着いてきましたので、ROにインしたりする機会も増えてきたのですが、知人友人に顔を会わす度
「ブログ更新はまだか、ブログ更新はまだか。」 と、呪詛のように唱えられる毎日です。

先日もプロンテラの露店街で、医学の勉強の為、女性キャラのヒップラインを入念にチェックしながら徘徊していた時に声をかけられまして。
f0120403_2345486.jpg

こんな3ヶ月も放置してる、エキサイトブログのプロバイダの残念な汚点といっても過言ではない、こんなゴミブログのファンだと言ってくださる方に声をかけて頂きまして、
女性だったら、「この近くにおいしい中華料理屋さんがあるんだけど一緒にどうだい?」 と、ニヒルに声を掛けるところでしたが
確認してみたらところ、何か以前にもお会いしたと噂の只のオッサンのようなので速やかに対処しました。
f0120403_2346714.jpg

まぁ、結局最後まで正体はわかりませんでしたが、僕が今後ピンチになったときに、我先に駆けつけてくれる謎のヒーローみたいな感じの人なんでしょう。


そんなこともありーの、こんなこともありーのだったので、(もうそろそろ更新すっぺかな・・・) と、
重い腰をあげてキーボードに手をかけたのですが・・・いやぁ歳って怖いですね。いや、もうほんと怖い。
ブログの更新の仕方、忘れてる。
全然忘れてる。もう何書けばいいのかわからない。キーボードの位置とか全然わかんない。そもそもこのブログの存在理由がわかんない。
と、非常に低迷した結果が前回の記事で書いた、ROのことなんか一切触れずに、ナオ吉のミニスカ談義。という
恐るべき結果になってしまい、自分のことながら非常に戦慄を覚えた次第であります。

そんなわけで、以前にも増して非常に拙い文章でございますが、更新があいてしまった分をブリブリと埋めるべく頑張ってブログしていきますので
改めてこちらご挨拶とさせて頂きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
f0120403_23464291.jpg

よろしくお願いしますフォーエバー。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-09 22:13 | どうでもいい日記

俺たちの夏は始まった

最近、仕事であっちゃこっちゃ行かされています。

最近になってよく電車に乗って都内を縦横無尽に駆け巡っているせいか、 東京の赤い彗星 という名の異名を東武東上線周辺で轟かせ過ぎてしまっている僕ですが、
よく、こうね、駅の階段とかエスカレーターとか登っていると、うん、いや、別に特に意識するとかほんと全然微塵も無いんですけども、
まぁ、なんて言うんですかね、嫌でも視界に入ってくると言いましょうか、うん、もう全然そんな気はないんですけどね、
ちょっと明日という名の夢に向かって走り続ける僕としては、ついつい進行方向を見てしまうと言いますか、アレなんですよね。







女性の短いスカートが目につきます。


いや、ほんと全然そういうことじゃなくてね!?一切そういうやらしいこととかはなくてね!?いやもうほんと全然。全然ですわ。全然過ぎる。いやぁ~・・・全然だわ。
裸の女性が目の前にいたら、そっと優しく自分の着ている上着をその女性にかけてあげる という噂が
フェイヨン辺りで持ちきりなんじゃねぇかというくらい Surt随一の草食系男子 で通っている僕ですからね。


まぁ、でもしかしどうしたって、いやでも目につきますよね。ああいう短いスカートってのは。
しかも、この暑さが増していく今の季節になりますと、どうしてもそういった目のやり場に困ってしまうような服を着る女性も増えてきます。
これは特に、最近の女性が・・・・とかいう話しでもないんですけども。
僕が高校生くらいの頃から、どうしたってそういうのはありましたし。

まぁ、僕なんかもうそういう種族なんだって割り切ってますよね。
ROでもAGI型、VIT型とかあるようにね。ぱんつが見えそう型、見えなそう型ってのがあるんですよ、やっぱりね。



しょうがない、もうほんとしょうがない。



でも、そういったギリギリなスカートを履いてる方々って、よく階段やエスカレータを登るとき鞄とかで隠すじゃないですか?
あれなんか見ると僕がまだ 新宿の飢えたオオカミ と、呼ばれていたときだったら、その女性を掴まえては

「隠すなら履くな!!履くなら隠すな!!」

と、21世紀に神風を巻き起こすような名言と共に、朝イチのテリー伊藤並みにキレていました僕も、もう大人です。成人男子です。



「いや、あれはね。あくまでファッションの為にしていることであって、誰かに見せるとかそういうことは一切なくてね。
 うんうん、いやとっても個性があって素敵じゃないか、あっはっはっは。」



とね、今はもうこういった大人の余裕ができた僕はね、もうそういった短すぎる女子高生のスカートとか見ても全然動じません。もう全然。逆に全然でごめんなさい的なね?
「そんなことより、今の世界の経済状況は・・・・」 って、自然となっちゃいますもんね、僕なんか。もう全然。逆に草食過ぎてごめんなさい的なね?

いや、むしろそのスカート履いてるのが、カノジョだったり、友人や知り合いの女性だったとしたら、
階段を登るときとか、エスカレーターに乗るときなんか、僕は自然にその女性の後ろに立つようにします。


それは、女性のスカートの中身は俺が守る。 というね、非常に気高き精神なわけでして。

もうなんていうか、そういった誇りを持ち、他の男達の視線から守るべく女性の盾となる僕はつまるところ、騎士・・・、いや、クルセイダーなわけです。
女性のスカートの中身を守る気高きクルセイダーなわけです。



「カノジョのぱんつを見たいのなら、
まず俺のぱんつから見るがいいッ!!」


とね、それはもう気高く叫びますよ。
カノジョのぱんつは、俺のぱんつがディポーションしているんだ!! っていうね、誰にも負けない強い決意で、進んで女性の後ろに立ちますよね。


まぁ、最終的にはあまりにも進んで後ろに立つ為、女性に
「何いいポジションをキープしようとしてんじゃ、このボケッ!!」 ってね。

殴られますけどね。
















そんな理不尽過ぎる、こんな世の中に喝を。 ナオブログ、そこそこに再開します。
[PR]
by naoto-mujyaki | 2009-07-07 23:19 | どうでもいい日記